旅行記や映画・本などの感想、日々の出来事など・・・
by bluecult
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メキシコ旅行(2005/4/7〜17)
初の中米旅行となったメキシコの旅。
観光施設以外は英語が通じず、スペイン語のできる同行者の友人に頼りっぱなしでした。やはりスペイン語が話せるというだけで、打ち解けたり、相手の反応も変わったりしたので、言葉は重要だと思いました。

物価に関しては、それほど安くないという感想。物によっては、日本と同じか、日本よりも高いものもありました。

遺跡メインの忙しい旅でしたが、メキシコの古代文明を満喫したおもしろい旅でした!

【行程】
 4/7 (木) (名古屋発〜成田〜ダラス〜メキシコシティ着)
 4/8 (金) (メリダへ移動)ソカロ周辺散策
 4/9 (土)  ウシュマル遺跡カバー遺跡
 4/10(日) チチェン・イツァー遺跡
 4/11(月) (カンペチェへ移動)旧市街を散策
 4/12(火) バランク遺跡カラクムル遺跡
 4/13(水) サン・ミゲル砦(メキシコシティへ移動)ソナ・ロッサ散策
 4/14(木) テンプル・マヨールカテドラル国立人類学博物館
 4/15(金) テオティカワン遺跡シウダデラ民芸品市場
 4/16(土) (メキシコシティ発〜ダラス〜)
 4/17(日) (〜成田着)
[PR]
# by bluecult | 2005-04-20 19:11 |  ┣メキシコ
ぼちぼち準備を・・・
どうにかメキシコ初日のホテルを押さえました。友達にも知らせたので、これで当日ちゃんと出会えるはず。

ホテル予約は72時間前が予約期限のところもあるんですね。見つけた中で一番安いかったディスカウント予約のサイトはアウトでした。

ぼちぼち荷作り始めましたが、手を付けただけ。やっぱりギリギリにならないと、できない私・・・。
[PR]
# by bluecult | 2005-04-05 22:54 |  ┣メキシコ
恐るべし南米
あともう数日で出発だっていうのに、現地で落ち合う友達(南米からメキシコ入り)の乗る予定だったフライトがキャンセルになったという。どうにかマイアミ経由のフライトで、当日夜遅くにメキシコに到着できるとのこと。夕方メキシコシティの空港で落ち合い、そのままメリダかカンクンに飛ぶはずだったが、私は空港で何時間も彼女を待つ訳にはいかないので、ホテルを取ることになった。

ほんまギリギリで恐れていたことが現実に、って感じ。とはいえ、出発前にホテルを探す時間があってよかった。
[PR]
# by bluecult | 2005-04-04 02:44 |  ┣メキシコ
T/C
メキシコ旅行に向けて、久々にT/Cを購入しました。なるべく円高の時に買おうと思ってたんだけど、結局数百円の差だから交通費を考えると、ついでの用がある時に一緒に買っちゃった方がいい気がして、今日急遽買うことにしました。

最初、東京三菱銀行に買いに行ったんですが、いざ購入しようとしたらMasterCardしかないって。HPにはAmexのT/Cの取り扱いはあったんだけど、支店によって違うんでしょうか?メキシコはAmexのT/Cが強いという情報があったので、AmexのT/Cを求めてワールドカレンシーショップ(東京三菱系)へ向かいました。

普段はクレジットカードと現金の併用で、そんなに現金(T/C)は持って行かないのですが、メキシコでの治安を考えて、再発行可能なT/Cで持って行くことにしました。10日分の旅費を持ち歩くのは、それはそれでコワいんだけど、小分けにして、何か盗られても全財産失わないようにしておけば少しは安心かな。
[PR]
# by bluecult | 2005-03-19 01:17 |  ┣メキシコ
台湾暦
そうそう、台湾は一般的に西暦ではなく、台湾暦を使っているみたいですね。

最初、コンビニでジュースを買おうとして、消費期限を見たら、“94年”と書いてあって「まさか、10年前のものじゃないよね?大丈夫かな・・・」なんて、ちょっと不安になったりした(今考えればありえない!)けど、その後、MRTの車内の広告にも、コンビニに売ってる飲食料にも、レシートにも、同じように93年や94年と書かれていたから、西暦以外の暦なんだと安心しました。

中華民国が成立した辛亥革命(1911年)の年を元年としてるから、台湾暦94年は2005年なんですね。
[PR]
# by bluecult | 2005-02-07 20:33 |  ┣台湾
旅も終わり
4日目(2004/12/13)Taipei

4日目はもう帰るだけ。
8時の便なので、6時には空港に着かなくてはならない。というわけで、到着時にお出迎えしてくれたドライバーさんが5時にお迎え。ホテルにチェックインする時に、チェックアウトの時間を聞かれ、「5時」と答えるとかなりビックリされたが、仕方がないのよ・・・旅行代ケチったから。

早朝なので、1時間もかからず空港に到着してしまった。航空会社のカウンターでチェックインしようとしても、係員がいない・・・。何人か並んでいるので、その後ろに並んでみたが、結局係員が来たのは、6時をとっくに過ぎた頃だった。

コイン減らしにカフェラテを買い、待合ロビーで、セブンイレブンで買った菓子パンを食べながら、出発時間を待った。他に待っている人たちを見渡すと、日本人よりも台湾人の方が圧倒的に多い感じだった。

出発前は天気予報を気にしていたが、結局雨が降ったのは3日目の晩に少し降っただけで、それ以外はいい天気だった。昼間は晴れていれば暑いくらいで、ジャケットを脱いでTシャツで過ごしたくらいだった。

駆け足の3日間だったので、もしまた来ることがあったら、足ツボマッサージやエステ、お茶屋さんにも行きたいし、もっと南にの方にも足を延ばしたいと思う。
[PR]
# by bluecult | 2005-02-07 04:35 |  ┣台湾
最後の晩餐
3日目(2004/12/12)Taipei

さて、夜景も楽しんだところで、再びMRTに乗って、中山駅からDFSへ向かった。ブランド品は買うつもりはなかったけれど、雑貨はないかと探しに来たのだった。

そしたら、探していた組紐のストラップがあった。かなり種類も多くて、満足。私が惹かれたのは、寺院の屋根にいるような、鮮やかな動物の置物。本当は獅子がよかったのだけど、大きいのしかなくて、手が出せなかった。結局、さんざん迷った挙げ句、手頃な大きさで、かつ、かわいかった黄色い犬を購入。本当は、自分の干支である龍が欲しかったのだけど、干支シリーズの小さいものしかなかったから、諦めようと思ったけど、犬だけだと割引券の利用可能金額に届かなかったので、友達用に購入。数千円程度だけど、たぶん、この旅で一番高い買い物だったと思う。

台湾最後の日なので、晩ご飯はちょっと高めのレストランへ行こうということになった。欣葉という台湾料理のレストランが、中山駅前にある新光三越にあるということで行ってみたら、残念ながら閉店だから、夜中までやっている本店へ行くようにと言われた。ホテルの近くにも1軒あったので、そちらにも行ってみたが、やはり閉店だった。そこで、お店の名刺をもらい、ついでに本店の場所を教えてもらおうとしたら、分からないと言われたので、結局タクシーを拾って本店に行った。
本店は、外国人客も含め、店内はお客でいっぱいだった。よかった、開いてて!案内された席の後ろの席に日本人のお客がいたのだが、なんと2日目に行った東門餃子館でも後ろの席に座っていた人たちだった。旅先では、こういうことってよくあるよなー。

ここでは、海老チリ系の炒め物、酸辣湯、炒飯、野菜炒めか何かを頼んだ気がする。最後に、デザートが出てきて、3000円くらい。おいしかった。
[PR]
# by bluecult | 2005-02-07 04:08 |  ┣台湾
新光摩天楼展望台
3日目(2004/12/12)Taipei

雑貨屋さんを求めて、MRT大安から、信義路、敦化南路、忠孝東路を通って、忠孝復興駅までひたすら歩いた。もともとはお目当てのお店があって、大安駅まで来たのだが、この日は日曜日、お店は定休日だった。それを、駅まで来てから気が付いた。せっかく、ここまで来たのだからと、大通りを歩いてMRTの駅まで戻ることに。結局雑貨屋は見つからなかったので、さらに台北駅周辺まで戻ることにした。

c0035559_39190.jpg台北駅前に、三越百貨店があるので、お土産用に食料品を少し買った後、TAIPEI 101で見るはずだった夜景を見るために、この時点で上れる、台北で一番高い場所、新光摩天展望台に行った。

きれい〜〜。360度光の海。私たちの他はカップルばかりだったけど、観光客はわずかだったのでこの景色に浸ることができた。もう少し遅かったら、日本人のウルサイ団体客とかち合うところだった。エレベータを降りたところに、待ってはったから。しかし、こっちがエレベーターから降りようとしてるのに構わず、乗り込んで来ようとするのには、閉口したわ。
[PR]
# by bluecult | 2005-02-07 03:16 |  ┣台湾
永康街、国父紀念堂
3日目(2004/12/12)Taipei

中正紀念堂から東にずっと歩いて、永康街へ向かう。お昼も近かったので、餃子と麺の専門店、東門餃子館へ。私たちが入った時は、お昼にちょっと早い時間だったから、空いてたけど、お昼を過ぎると次々に家族連れがやってきて、あっという間に店内の席は埋まってしまった。

水餃子に焼き餃子、担々麺、スープを頼んだ。
・・・つもりが、スープではなく、具だくさんの汁うどんみたいなのが通ってたみたい。
そして、担々麺。ピリ辛の担々麺を想像して注文したのだが、出てきたものはごまと味噌風味の甘めの麺だった。間違えて頼んだのかどうなのか、今でも不明・・・。

しかし、毎日飽きずに餃子食べてたな〜。大好きなんで、食べ比べ♪
餃子は、水餃子も焼き餃子もとてもおししかった。この3日間で一番おいしかったかも。

お腹がいっぱいになったところで、お土産にする雑貨を求めて、永康街の方へ。
ここは台北の代官山みたいなところだと聞いていたが、周囲には高級住宅が多く他の場所とは雰囲気が違っていた。オシャレなお店も多かった。と言っても、お店の数的には、想像してたより少なくて、目当ての雑貨屋さんも見つけられなかった。あと、せっかくなので、お茶屋さんに入りたかったが、お腹がいっぱいで、無理だった・・・

結局、ちょっとぷらぷらして、国父紀念館に向かうことにした。


More...
[PR]
# by bluecult | 2005-02-07 02:40 |  ┣台湾
中正紀念堂
3日目(2003/12/12)Taipei

再びMRTに乗って、中正紀念堂へ向かう。
雑誌やTVでは何度となく見た場所だけど、とにかく、この広さと大きさに驚いた。高さ約70mの八角形の屋根を持つ紀念堂が、あんなに小さく見えるくらいだもの。そして、正門も紀念堂も、屋根のブルーと白色のコントラストがすてきだった。

c0035559_11376.jpgc0035559_0463013.jpg
日曜日だということもあってか、広場では、キャッチボールやバドミントンをする親子や、学生が集まってなにやら練習する姿などが見られた。紀念堂の前では、イベントが開催されていて、ステージでカラフルな衣装を着た小さな子供が踊っていたり、出店がたくさん出ていたりした。

c0035559_0464663.jpgそこを通り過ぎて、紀念堂の階段を上がる。ガイドブックに、基台の階段は、蒋介石の享年の数と同じ、89段と書いてあったので、数えながら上ったが、90段になってしまった。どこか余分なところまで数えちゃったのね、きっと・・・。

階段を上りきって、建物の中に入ると、そこには巨大な蒋介石の座像があって、衛兵が二人、微動だにせずに警護をしていた。何考えながら立ってるんやろ?お昼は何にしようとか、しょうもないこと考えてたりするんやろか?(笑)

旧暦の1月15日の元宵節頃には、この公園内外でランタンフェスティバルが行われるそう。夜はきっとキレイなんだろうな。
[PR]
# by bluecult | 2005-02-07 01:25 |  ┣台湾