旅行記や映画・本などの感想、日々の出来事など・・・
by bluecult
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
テンプロ・マヨール
8日目(2005/04/14)Mexico City

一緒に旅をしているYの友達(メキシコシティで学生をしているボリビア人の女の子)とランチをする予定なので、待ち合わせ場所に近いテンプロ・マヨールに行くことにする。
ホテルの前で客待ちしているタクシーはLibreばかりだったので、フロントでSitioを呼んでもらおうとしたら、「ホテル前に停まっているLibreの運転手はよく知っているから大丈夫」だと言われた。フロント横に主要な地域までのタクシー代の目安が書いてあるので、それだけ確認してタクシーに乗った。

ソカロでタクシーを降りた。さすがは首都のソカロ、交通量が多い。その中を横断する人たちに混じって、私たちも気をつけながら道を渡る。ソカロに着いてから朝食を取ろうと思って来たのだけれど、まだ早いせいか開いているのはファーストフード店くらいしか見当たらなくて悩んでいたら、ちょうど道を渡ったところに、タマーレス売りがいた。タマーレスって何なのか、その時点では知らなかったので、とりあえず1つ買って、2人で分けることに。
タマーレスとは、トウモロコシ粉を練ったものに、野菜や鶏肉を詰めて、バナナの皮に包んで蒸したもの。そこで売っていたタマーレスは、うすい塩味で、辛いトマトのサルサがかかっていた。最初は、トウモロコシ粉がそれほどおいしいとも思わなかったけど、食べてるうちに
なんだかおいしく思えてきた。リヤカーに大蒸し鍋を載せて、その中にバナナの皮か何かに包まれたタマーレスがたくさん入っていて、それを取り出しては発泡スチロールのお皿に載せてフォークと一緒に渡してくれる。朝食に買って食べてる人が結構いた。私たちもメキシコ人に混じって、すぐ横にあった柱の根元の段差に座って食べた。タマーレス売りのすぐ隣には飲み物の売り子さんがいて、ココアなどを売っていた。実は別々に売っていたというは、後で辛さを流そうと飲み物を買おうとした時に知った。

9時。
カテドラルの奥にあるテンプロ・マヨールへ。
街中に突如として現れるアステカ遺跡。周りは金網で囲われていて、場に不釣り合いな感じ。

c0035559_2156100.jpg1913年にカテドラルの裏側で地下へ続く階段が発見され、その後1979年に8tの石板(これだろうか?→右の写真)が発見されたのをきっかけに発掘が始まった。

ここはアステカ帝国の都テノチティトランの中央神殿だったらしく、向かいの国立宮殿の下にも今もまだ遺跡が埋まっている。スペイン人が侵略した時に、信仰対象だったアステカの神殿を壊して、その上にキリスト教教会を建てた。ひどいことするよね。

c0035559_1451747.jpg神殿は統治者が変わる度に増築され大きくなっていたので、神殿の外側にさらに壁が造られている。(写真で分かるかな?)

写真に写っている屋根の下には、壁に当時の色が残っていたり、解説を読んでいくと、結構見るのに時間がかかった。




敷地内には博物館が併設されていて、発掘されたものが展示されていておもしろい。
アステカの遺跡だけど、生け贄を捧げるチャック・モール像があったり
カエルや蛇をモチーフにした装飾、水など様々な神がマヤ文化と重なる。

c0035559_2481210.jpg博物館入ってすぐのところで異様な光を放っている
ツォンパントリの祭壇。
ドクロの彫刻が壁一面に施されている。
外にある祠から移設されたのか、模型かは不明。
↓これは何の骨だろう・・・?
c0035559_248596.jpg


c0035559_302788.jpgc0035559_33042.jpg











↑雨神チャック?水の神トラロック?
←鳥人間??見たことあるような・・・。

[PR]
by bluecult | 2005-05-26 03:15 |  ┣メキシコ
<< メトロポリタン・カテドラル ソナ・ロッサ >>