旅行記や映画・本などの感想、日々の出来事など・・・
by bluecult
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
メリダの屋台
4日目(2005/4/10)Mérida

ツアーは一通り回った後、エルカスティージョに上る自由時間が与えられ14時に出口で再集合し、ランチを取るためレストランに向かう。この日はかなり大きめのレストランで、いろいろなツアー客が大集合していた。

先に来ていたらしい、ツアーのもう一団の方にいたアメリカ人夫婦が、食事をしている私たちを通りすがりに見つけて手を振ってくれた。遺跡の出口で待ち時間に少し話をしたので挨拶してくれたんだと思う。昨日一緒だったもう1組の元気なアメリカ人のイメージそのままの
夫婦とは違って、とっても穏やかな感じの夫婦で、どちらも老後の旅行で、カリフォルニアから来たとのこと。近いから気軽に来れるのかな。

さて、ランチはと言うと、ビュッフェ式だったけど、メニューはいまいち。メインのお肉は昨日と同じような種類、あとは普通のサラダやパンに、フルーツとデザートといった感じ。

ここで、カンクンへ向かう人たちとお別れ。ツアーの後、そのまま移動する手もあったのか、とこの時気が付いた。メリダからツアー客を乗せてきた車がカンクンへ向かうのではなく、どうやらカンクンからメリダに客を運んできた車で、客を交換するような形で、カンクンへ向かうらしく、食べ終わった後も、メリダへ帰る私たちはかなり待たされた。
(お陰で、エントランスに座ってダラダラしてる間に、帽子を忘れてきてしまったではないか!)

ホテルまで送り届けてもらい、メリダでのメインイベント(ウシュマル&チチェン・イツァー観光)も終了。歩き疲れたので、ホテルで一休み。

20時頃になって、晩ご飯を求めて再び外へ繰り出した。この日もソカロ周辺は歩行者天国になっていて、既に多くの人たちが街に出ていた
・・・というよりも、すでに帰ろうとしている?
昨日と違って、ソカロを囲むように、タコスやトウモロコシ、アイスクリームなどを売っている屋台がたくさん出ているが、片付けようとしている屋台も多かった。日曜日はメリダの夜は早いのかもしれない。レストランかカフェに行こうと思っていたが、屋台を試したくて、売っているモノを見つつウロウロ。地元の人が食べているお店がおいしいだろうと、まず春巻きみたいなものを1つ買ってみる。確かマルケシータと言ったかな。甘めのパリパリした生地の中央に、細かく刻まれたチーズを置いてくるくるっと巻いたもの。シンプルなんだけどおいしかった。

次に、タコス(Tacos)とトルタ(Torta)を1つずつ頼んで、友達と半分ずつ分ける。どちらも中身は同じで、トルティージャに載せて食べるか、コッペパンに挟んで食べるかの違いだった。なんせ安屋台なので、具は豚肉を細かく切った物とタマネギしか入ってなかったな・・・。

隣のお店ではタコスの具が自分で選べるようだったので、もう1つずつタコスを買って食べる。豚や鶏、さらに味付けが違う何種類かの具がボールに並んでいる。とりあえず、香草やトマトなど野菜しか入っていないものを選んでから、肉系の具を迷っている間に、野菜しか載っていないタコスを渡されてしまった(笑)ベジタリアンになった気分だったけど、まぁ、これはこれでおいしかった。

デザートに屋台のアイスクリーム。地元の人も大勢並んでいて(というか集っていて)数種類の味の中でマンゴーが大人気で売り切れていた。

すでにこの時点でお腹がいっぱいだったので、満足してホテルに帰った。
[PR]
by bluecult | 2005-04-30 17:02 |  ┣メキシコ
<< メリダの街(3) チチェン・イツァー遺跡(2) >>